残り54席です!ご予約はお早めに

ドキュメンタリー映画「リース遠征隊」とは?

映画予告編

映画の概要

2015年8月、急速に進行する脊髄小脳変性症の1つマチャド・ジョセフ病を持つヤコブ・リース(当時22歳)とその仲間7人が北ヨーロッパ最高峰、ノルウェーのガルフピッゲン山を登頂しました。ヤコブは車椅子に乗り、それを仲間達が押し進み、時には険しい道のりが何度もある中、車椅子を持ち上げたり、ヤコブを背負い抱えながら登頂に挑みました。この映画では、旅の計画、資金調達、準備、介助とチームで行った一連の記録が約40分の映像に収められています。

映画作成の目的

昨今、都会を離れ自然を楽しむ事や、屋外でレジャーを行うアウトドア活動が普及しています。それは、障害者にとっても同様です。一方、残念なことに障害者の中には、それが実現できないと諦める人がいる事も事実です。

この映画では、重度の障害を持つヤコブ・リースが自身の力と仲間との友情でガルフピッゲン山を登頂した記録を通し『障害があってもアウトドア活動が行える事』『人は他の人々とつながり、その人々の協力を引き出しながら生きていく存在である事』を伝える事を目的としています。今後、障害があっても、大胆な夢を描き、それを実現する人、介助を受ける・提供する側という関係を越えて、互いに影響しあえる仲間が増える事を期待しています。

リース遠征隊結成の背景

ヤコブと仲間は、デンマークにあるフォルケホイスコーレの1つ、エグモントホイスコーレン(以下エグモント)で出会いました。フォルケホイスコーレとは、北欧の特徴的な成人教育機関であり、17.5歳以上を対象とした全寮制の学校です。特にエグモントは、障害を持つ生徒と、その障害者が自ら選んだヘルパーが共に学び生活をするという他にはない特徴を持っています。そして、障害者のヘルプをする学生は授業中や夜遅くは学校の用意するヘルプスタッフと交代することで、ヘルプ学生自身の充実した学生生活もきちんと確保され、障害者とヘルプ学生双方が等しく学校を楽しみ、健康的に過ごせるよう配慮されていることも、重要な点です。ここでヤコブはアドベンチャーコースを選択し、授業を通しアウトドアに目覚めました。

登山計画の出発点は、ヤコブの自然の中でワイルドな経験をしたいという情熱から始まりました。話を聞いたヤコブのヘルパーである生徒や、諦める事なくできるだけ多くの経験を得ようとするヤコブに賛同した仲間が集まり、リース遠征隊となりました。そこから、計画を聞き興味を持ったプロデューサーのマティアスにより映画化の計画が始まりました。

当初、リース遠征隊の動機はヤコブ・リースのためでした。しかし、彼だけのためでなく最初から最後まで一緒に計画を立て、一緒に楽しみ、目標を実現するといった姿から、7人皆のための登山でした。無事登頂に成功した時、笑顔のヤコブを横眼に涙を流す仲間もいました。

上映&講演会について

今年の夏、リース遠征隊のメンバーと映画監督が来日し、映画の上映会とトークセッションを函館(ほかにも札幌、東京、静岡で開催)で行うことになりました。今回の上映&講演会では、リース遠征隊の母校でありヤコブとその仲間がガルフピッゲンに挑戦する背景となったエグモントホイスコーレンを、昨年エグモントに留学していた奥山修平(DSSAプロジェクトメンバー、With You副会長)が自身の体験をもとに説明いたします。そして、エグモントとリース遠征隊についての紹介が終わったのちにリース遠征隊の上映を行います。
約40分の映画上映後、リース遠征隊とのトークセッションを行い、ヤコブと仲間達の思い・考えを聞いたり、リース遠征隊に日本人参加者から質問をなげかけ、デンマークの福祉、障害者の責任感とチャレンジ精神、障害者とそれを支える仲間・家族との関係性、などなどデンマークと日本の異なる考え方、制度を知る貴重な機会を得られます。

開催要項

主催

With You〔前向きな障害者と仲間達〕http://with-you.fun/

共催

DSSAプロジェクト(代表:深澤理恵子)

後援

デンマーク大使館

日時

2018年7月14日(土)
開場18:00 開演18:30 終了20:30

会場

函館市中央図書館 視聴覚ホール
※図書館と保健所の駐車場が使えますが、当日は混雑が予想されますので、なるべく公共交通機関でお越しください。

料金

無料ですが、事前予約制です!

参加申し込み

定員は152名となっています。参加ご希望の方は、こちらの申込フォームからお申し込みください。

「リース遠征隊上映会」申込フォーム